★けんせつ情報
 ( 2016年7月5日 更新)

(1) 2次以下下請の社保未加入対策推進/内訳明示見積書の活用徹底 
(2) 石綿で労災/建設業52.6%で全業種最多 
(3) 熱中症予防に万全を、異例の前倒し要請/休憩中や帰宅中・後も注意
(4) 
10年後の技能労働者/最大93万人不足

                                  ・・・・・ 記事を掲載!!


<各種関係省庁からの通達ページ>は、こちら 


「2016年度 技能講習・特別教育等」 講習日程を公開!

若年労働者(24歳以下)の受講支援強化!!
特別教育等の9講習で受講料が2,000引で受講が可能に 詳しくはこちら



<特集/足場に関する講習受講のお知らせ>

 建設産業における労働災害の多くが、足場からの墜落・転落によるものです。この間、厚労省は労働安全衛生法の一部改正など、足場に係わる労働者に対する講習の義務化や積極的な受講を促しています。
 足場に係わる講習は、2015年7月1日から義務化が始まる特別教育を含め3講習があり、その受講要件も実務経験や年齢、選任要件、法改正による受講義務などさまざまです。現場における資格確認なども進められ、資格を保有していなければ現場に入れない状況も生まれてきています。
 今一度、足場の業務に係わるみなさんは、資格の取得状況を点検し、現場における安全作業に従事できるよう講習を受講しましょう。

@ 足場の組立等作業主任者技能講習
 つり足場(ゴンドラのつり足場を除く) 張り出し足場又は高さが 5m以上の構造の足場の組立て、解体又は変更の作業において、選任が義務付けられている作業主任者になるための講習です。

開催日程 会  場 定 員 受講料
9月13・14日(火・水)  埼玉土建技術研修センター 50名   10,100円
※ 青年部員「資格とれ造」
(3,000円支援)
11月19・20日(  狭山市勤労福祉センター
1月24・25日(火・水)  埼玉土建技術研修センター
3月 7・ 8日(火・水)

A 足場の組立等作業主任者能力向上教育
 2009年6月1日の労働安全衛生規則(足場等関係)の一部改正に伴い受講を求められる講習で、改正以前に作業主任者を修了している方は受講する必要があります。また、2012年4月9日からは足場の設置、変更後の安全点検実施者としての選任要件にもなっている講習です。

開催日程 会  場 定 員 受講料
11月27日(  本庄支部事務所 50名   7,000円
(24歳以下:5,000円)
※ 青年部員「資格とれ造」
(3,000円支援)

B 足場の組立て等特別教育
 2015年7月1日の労働安全衛生規則(足場等関係)の一部改正に伴い、足場の組立て、解体又は変更に係る業務(地上又は堅固な床上における補助作業の業務を除く)に就く労働者に受講が義務付けられる講習です。
 施行日(15年7月1日)時点で足場の作業に従事している場合は、17年6月30日までの2年間は特別教育を受講していなくても作業に従事できる経過措置が設けられており、3時間の特例講習の受講となります。
 また、施行日(15年7月1日)以降は新たに足場の組立て等の業務に就く労働者には、特別教育(6時間)が必須の資格要件になっています。

開催日程 会  場 定 員 受講料
特例
3時間
9月 4日(  加須市南篠アコミュニティセンター 50名   3,500円
(24歳以下:1,500円)
※ 青年部員「資格とれ造」
(1,000円支援)
9月30日(金)  埼玉土建技術研修センター 50名
10月16日(  八潮メセナ 50名
10月30日(  越谷市出羽地区センター 80名
11月 6日(  飯能市民活動センター 50名
11月13日(  松山市民活動センター 100名
11月27日(  埼玉土建げんき館 60名
12月 4日(  本庄支部事務所 50名
3月 2日(木)  埼玉土建技術研修センター 50名
6時間 9月21日(水)  埼玉土建技術研修センター 50名   6,000円
(24歳以下:4,000円)
※ 青年部員「資格とれ造」
(3,000円支援)
3月16日(木)

<アスベスト関連 資料ページ>は、こちら 

〜建築物の解体・リフォームを行う事業主のみなさんへ〜

改正「石綿障害予防規則」が、2014年6月1日より施行

規格不適合の業務用防じんマスクの流通が判明


青年部の「資格とれ造」ページ!


◆ 【日建学院&総合資格学院 コラボ企画】 ◆
  埼玉土建の仲間なら提携割引で受講が可能に! 
→ 詳しくはこちら
   一級建築士、1級建築施工管理技士、宅地建物取引主任者、土木施工管理技士
                              の資格取得に向けた受験準備講座が対象


〜各種講座が盛りだくさん〜 

◆ 危険物取扱者乙種4類受験準備講座
 ガソリン、水系塗料、溶剤系塗料及び有機溶剤・シンナー類など、消防法により危険物“第4類”に分類される引火性液体を扱う場合や指定数量以上貯蔵する場合に必要な国家資格です。また、第3者に取り扱わせる際にも必要になります。!
                                 
受講者募集中 → 詳しくはこちら

◆ 産業廃棄物・汚染土壌排出管理者講習会
 過去6回の開催で300名以上の仲間が受講した、産廃講習会が3年ぶりに埼玉土建に帰ってきます。!
                                 
受講者募集中 → 詳しくはこちら

◆ JW_cad講座(初級・中級)

 春の講座が好評についき、秋にも追加開催が決定! 住推協との共催です
                                 
受講者募集中 → 詳しくはこちら


◆ 埼玉土建連続セミナー
「知って得する業界のいろいろ」
  建設産業を研究している、ものつくり大学の先生方を講師に迎え3つのテーマ(住宅産業と工務店、建築照明の激動の時代、木造住宅の耐震性能を見る眼)に分けて開催します。











◆ ものつくり大学「インターンシップ&求人受入事業」
 新規雇用を検討している仲間は必見!
 受入事業所の説明会および大学見学会を開催!

 

 



 

各種講習・講座のお申し込みは 支部窓口へ! 


◆ 技能講習・特別教育等の修了者に”ヘルメット用ステッカー”を配布!
                私もほしいという仲間は、ヘルメットをクリック ↓



NPO法人
埼玉土建建築支援センター
◆「管理建築士講習」、「建築士定期講習」を開催しています。 →
 
 ▼ 現在、申請受付をしている講座
 
 ▼ 技能講習日程(月別講習の確認はこちら)
 
 ▼ 各支部ホームページ      
 

  ※ 増改築相談員を持っている、
      埼玉土建の仲間リストは → こちら


      2015年度_登録者公開!
              (2016/2/18更新) 

探索!「あなたの街の技能士」

※ 技能士会会報の閲覧はこちら


再び埼玉土建にゴールドメダリスト誕生!

     〜小島選手 2年前のリベンジ果たす〜


 今年度で32回目となる、全建総連主催の全国青年技能競技大会が、8月27日(土)〜29日(月)までの三日間、徳島県徳島市にある、「徳島県立産業観光交流センター」を会場に開催されました。この大会は、35歳以下の青年大工が、課題の「四方転び踏み台」作成を通して技を競うというもので、6時間の制限時間内に製図から組み立てまで行います。今大会には、全国の36県連・組合から73名の代表選手が集い競い合いました。
  埼玉土建の代表選手は、7支部10名の予選会を勝ち抜いた小島優選手(越谷)、橋豊喜選手(越谷)、丸山真弘選手(中部)で、2年前の第30回大会と同じメンバーで全国に再び挑みました。当時は橋・丸山両選手が銅メダルを獲得し、小島選手は奨励賞に留まり苦い思いを胸にリベンジを誓っていました。小島選手はこの2年間、その思いを忘れることなく日々努力を重ね、今大会では”金メダル”を獲得し見事にリベンジを果たすことができました。
 小島選手は、2012年度の予選会に初挑戦し、2013年度には全国大会に出場するまでに頭角を現し、予選会では好成績を続け全国大会の常連選手として活躍してきました。しかし、なかなかメダルの獲得には至らず周囲からのプレッシャーにも負けることなく挑み続け、事業主からの手厚い支援と若手講師陣による指導の下、4度目となる今大会で全国1位という結果をもたらしてくれました。

 

 


個性溢れる作品を楽しく作り出す子供達!

 9月3日と4日の両日に渉り大宮ソニックシティにおいて「ものづくり技能フェスタ〜2016〜」が開催されました。 埼玉土建は4日(日)のみ参加し、埼玉土建技能士会から、三浦副会長、安田副会長、今野前会長他3人が参加し、タイルアートの体験コーナーと物品販売に取り組みました。昨年に引き続き、県からの補助金により実施した無料体験コーナーには40人の子供達が来場し、思い思いのデザインで個性溢れるタイルアートを仕上げました。販売コーナーでは、体験コーナーに参加できなかった子供達を中心に組木が親子連れに、埼玉土建のブースは大繁盛でした。

 


体験教室を通じてものづくりの楽しさ学ぶA

 9月10日に、幸手市立上高野小学校で、埼玉県技能士会連合会と幸手市教育委員会の共催で、ものづくり体験教室が開催されました。埼玉県内の14の技能士会と商経訓練校1の15団体が参加、巣箱や表札、箱庭、ネックレスなどのものづくり体験コースが15コース用意され、埼玉土建は鉢カバーづくり教室を行いました。埼玉土建技能士会からは和田三郎会長と和田智一副会長、会員の山ア雅英さん(久喜幸手)と事務局が参加しました。上高野小学校の5年生と6年生から106人が参加、鉢カバーづくり教室には5年生3人、6年生4人の計7人が参加しました。用意されたセットで鉢カバーを完成させ、ペイントできれいに塗装をしたり、マジックで思い思いの絵を描きました。最後の終了会では、各コースの生徒が立ち上がり、代表が感想やお礼を述べてくれました。

 

 
 
     
 
◆ 今月の講習日程は、こちらで確認できます!!

◆技能講習◆ ●パソコン教室●
再交付・書き替え 申請書

   
● 鳩山町ものづくり体験教室(埼玉土建技能士会)
● 第18回 技能士会総会
● 平成28年度 青年競技大会予選「第23回埼玉土建大会」
● 第10回 技術・技能の習得を励ますつどい
● 第23回 彩の国職業能力開発促進大会
● 優秀施工者「建設マスター」国土交通大臣顕彰
 
【過去の特集−バックナンバー】
   

職業訓練法人
埼玉土建技術研修センター
〒331-0811
埼玉県さいたま市北区吉野町2-220-3
TEL:048-661-8139
FAX:048-661-8138

 


・ HOME          ・ 技能士会
・ センターとは       ・ 増改築相談員
・ 技能講習         ・ 後継者づくり
・ 二級建築士講座     ・ けんせつ情報
・ さしがね教室       ・ リンク
・ パソコン教室       ・ 埼玉土建
・ 技能講習登録番号
・ プライバシーポリシー