「2017年度 技能講習・特別教育等」 講習日程を公開!

24歳以下の若年者に手厚い低価格の受講料!!
特別教育等の9講習で受講料が2,000円引で受講が可能に 詳しくはこちら






<特集/足場に関する講習受講のお知らせ>

 建設産業における労働災害の多くが、足場からの墜落・転落によるものです。この間、厚労省は労働安全衛生法の一部改正など、足場に係わる労働者に対する講習の義務化や積極的な受講を促しています。
 足場に係わる講習は、2015年7月1日から義務化が始まる特別教育を含め3講習があり、その受講要件も実務経験や年齢、選任要件、法改正による受講義務などさまざまです。現場における資格確認なども進められ、資格を保有していなければ現場に入れない状況も生まれてきています。
 今一度、足場の業務に係わるみなさんは、資格の取得状況を点検し、現場における安全作業に従事できるよう講習を受講しましょう。

@ 足場の組立等作業主任者技能講習
 つり足場(ゴンドラのつり足場を除く) 張り出し足場又は高さが 5m以上の構造の足場の組立て、解体又は変更の作業において、選任が義務付けられている作業主任者になるための講習です。

開催日程 会  場 定 員 受講料
11月11・12日(  江南勤労福祉センター 50名   10,100円
※ 青年部員「資格とれ造」
(3,000円支援)
1月23・24日(火・水)  埼玉土建
 技術研修センター
3月 6・ 7日(火・水)

A 足場の組立等作業主任者能力向上教育
 2009年6月1日の労働安全衛生規則(足場等関係)の一部改正に伴い受講を求められる講習で、改正以前に作業主任者を修了している方は受講する必要があります。また、2012年4月9日からは足場の設置、変更後の安全点検実施者としての選任要件にもなっている講習です。

開催日程 会  場 定 員 受講料
12月 9日(  開催会場は未定 50名   7,000円
(24歳以下:5,000円)
※ 青年部員「資格とれ造」
(3,000円支援)

B 足場の組立て等特別教育
 2015年7月1日の労働安全衛生規則(足場等関係)の一部改正に伴い、足場の組立て、解体又は変更に係る業務(地上又は堅固な床上における補助作業の業務を除く)に就く労働者に受講が義務付けられる講習です。

開催日程 会  場 定 員 受講料
9月19日(火)  埼玉土建技術研修センター 50名   6,000円
(24歳以下:4,000円)
※ 青年部員「資格とれ造」
(3,000円支援)
10月29日(  八潮メセナ
11月12日(  ふじみ野支部事務所
1月31日(水)  埼玉土建技術研修センター

<アスベスト関連 資料ページ>は、こちら 

〜建築物の解体・リフォームを行う事業主のみなさんへ〜

改正「石綿障害予防規則」が、2014年6月1日より施行

規格不適合の業務用防じんマスクの流通が判明


<各種関係省庁からの通達ページ>は、こちら 


青年部の「資格とれ造」ページ!


◆ 【日建学院&総合資格学院 コラボ企画】 ◆
  埼玉土建の仲間なら提携割引で受講が可能に! 
→ 詳しくはこちら
   一級建築士、1級建築施工管理技士、宅地建物取引主任者、土木施工管理技士
                            の資格取得に向けた受験準備講座が対象


〜各種講座が盛りだくさん、受講生募集中!〜 

講 座 名 募集締切日 リンク
 平成29年度後期技能検定の申請支援 10月 6日(金) 詳しくはこちら
 危険物取扱者乙種4類受験準備講座 11月 2日(木) 詳しくはこちら
 産業廃棄物・汚染土壌排出管理者講習会 @11月13日(月)
A11月27日(月)
B 1月22日(月)
詳しくはこちら
 連続セミナー”知って得する業界のいろいろ” 詳しくはこちら

各種講習・講座のお申し込みは 支部窓口へ! 


◆ 技能講習・特別教育等の修了者に”ヘルメット用ステッカー”を配布!
                私もほしいという仲間は、ヘルメットをクリック ↓


NPO法人
埼玉土建建築支援センター
 
◆「管理建築士講習」「建築士定期講習」の開催機関 →
 
 ▼ 現在、申請受付をしている講座
 
 ▼ 技能講習日程(月別講習の確認はこちら)
 
※ 講習・講座の授業風景はこちら     
 

  ※ 増改築相談員を持っている、
      埼玉土建の仲間リストは → こちら


   2015年度_登録者公開!
          (2016/2/18更新) 

探索!「あなたの街の技能士」

※ 技能士会会報の閲覧はこちら


全国に向けて埼玉土建代表決定!

     〜全国2連覇をかけての挑戦〜




  7月30日(日)、全建総連第三十三回青年技能競技大会の予選会となる、第24回埼玉土建大会を技術研修センターで開催しました。7支部から10人の青年大工が参加し、全国大会に向け埼玉土建代表選手を目指し技を競い合いました。今予選会には、新たに3人の仲間が初挑戦しました。
 埼玉土建大会に先立ち、参加選手を集めて2回の事前講習会が行われました。講習会には、様々な競技大会に出場し、優秀な成績を収めてきた若手講師陣による指導が行われ、予選会に向けの心構えや競技に向けた各自の改善点などを学び合い、埼玉土建大会に臨みました。
 
 競技会当日は、午前9時から開会式が始まり、奥野技術センター理事長と小林顧問から選手への激励の言葉が送られた後、午前9時15分より合図とともに6時間に渡る競技が開始されました。各選手とも原寸図の作図から、材料の削り、墨付け、部材の刻み、組み立てを経て、午後4時には終了合図とともに作品を完成させました。
 10人中8人の選手が作品を時間内に完成させました。毎年のことながら参加選手のレベルは非常に高く、上位5選手はほとんど差がなく、図面や作品のほんのわずかな部分で順位が前後する状況でした。

 全国大会さながらの厳正な審査のうえ、全建総連第33回全国青年技能競技大会への切符を手にしたのは、1位:関竜一選手(飯能日高)、2位:橋豊喜選手(越谷)、3位:成川弘将選手(熊谷)の3人でした。代表選手は本選まで自主練習を重ねながら合同練習を経て、9月19日に愛知県名古屋市「名古屋国際会議場」で開催される全国大会の本選に、埼玉土建全国2連覇をかけて挑みます。

 『埼玉土建大会出場選手』
  ・ 越谷支部/橋豊喜さん、菊地 仁さん
  ・ 中部支部/平賀一正さん
  ・ 行田羽生支部/丸山真弘さん
  ・ 飯能日高支部/関 竜一さん、平嶺和希さん
  ・ 熊谷支部/成川弘将さん
  ・ 深谷寄居支部/吉田 亘さん
  ・ 猿島土建/久慈 拓さん、新谷一樹さん

 


技能士の社会的地位の向上めざして



 7月2日(日)、技術研修センターを会場に「第19回埼玉土建技能士会総会」が開催されました。
 総会では、和田技能士会会長をはじめ、奥野技術研修センター理事長、埼玉土建役員のあいさつに続き、埼玉県技能士会連合会事務局長の松本茂夫氏より来賓あいさつを頂きました。 2016年度の技能士会の取り組み報告の後、新年度の重点が提案され、組合活動を通じて技能士会を語り、組織拡大を奮闘していくことなどの議案を全会一致で採択されました。
 また、新たな試みとして第1回技能士会会員作品コンクールを行いました。コンクールには、3人の技能士会会員から事前にエントリーがあり、総会の中で現場写真に対する特徴や紹介がされ、大いに盛り上がり、今後の仕事の確信につながる取り組みにもなりました。なお、コンクールに出展していた三浦幸治さん(草加/電工)が、代表として記念品が和田会長より授与されました。

●会  長 : 和田三郎(ふじみ野)
●副会長 : 猪股正吾(熊谷)、今野勝二(越谷)、三浦 清(ふじみ野) 、安田和則(東松山)、和田智一(ふじみ野)
●幹  事 : 伊藤 計(熊谷)、岩瀬博之(越谷)、桂木栄二(川口)、鹿沼 修(深谷寄居)、 武田 実(越谷)、
         仁平明広(東松山)、萩原忠和(加須)、萩原陽一(加須)

(敬称略)

 

 
 

     
 
◆ 今月の講習日程は、こちらで確認できます!!

◆技能講習◆ ●パソコン教室●
再交付・書き替え 申請書

   
● 第11回 技術・技能の習得を励ますつどい
● 第29回 技能グランプリ in静岡
● 第24回 彩の国職業能力開発促進大会
● ものづくり技能フェスタ 〜ものつくり大学「碧連際」〜
● 第54回 技能五輪全国大会 −in山形
● 平成28年度 優秀施工者「建設マスター」
● 第32回 全国青年技能競技大会−in徳島
● 幸手市ものづくり体験教室(埼玉土建技能士会)
● ものづくり技能フェスタ〜2016〜(埼玉土建技能士会)
● 鳩山町ものづくり体験教室(埼玉土建技能士会)
 
【過去の特集−バックナンバー】
   

職業訓練法人
埼玉土建技術研修センター
〒331-0811
埼玉県さいたま市北区吉野町2-220-3
TEL:048-661-8139
FAX:048-661-8138

 

・ HOME
・ センターとは
・ 技能講習
・ 二級建築士講座
・ さしがね教室
・ パソコン教室
・ プライバシーポリシー

・ 技能士会
・ 増改築相談員
・ 後継者づくり
・ 技能講習登録番号
・ リンク
・ 埼玉土建